一般的な初心者向けのFX取引の書籍では「損をした場合はナンピンによって、ポジションの平均を買い付け価格を低くする事が出来る」と助言されていたりする事もありますが、現実にはナンピンには相当の隠れたリスクがある。まず最初に、ナンピン買いの原理について手短に述べておきます。仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。$買いのため円安ドル高に進むほど黒字が出るわけですが、思い通りに行かず1ドルが95円まで円高が進んでしまったとします。そのままの状況で所有し続けたら、損失が戻るためには、損した分、ドル高が進まなければならない。みんな、マイナスは可能な限り早く取り戻したい思うでしょう。この状況を打破するためはじめに売買したのと同額分のドルを、1ドルを95円で売買します。すると、ポジション全体の平均の単価は1ドル=97.50円まで低くすることができる。言い換えると、半分の幅で円安が進むと、マイナスを回復する事ができます。これが、ナンピンの理論です。こういうふうに、ナンピン買いの方法を目にすると、「納得だ」という気分になるが、為替相場は容易には思った通りにはなりません。だいたい、1ドル95円以下にならないとは、分かりません。もし、相場が円高動向であれば95円ではとどまらずさらに円高になる確率は高くなります。仮に、97円50銭でナンピンをしたにもかかわらず1ドル95円までドル安が進んだらナンピン買いした分にも赤字が生まれてしまいます。こういう状態では最初に取引したドルと一緒にダブルで差損が生じます。例示したとおり、ナンピン買いは一筋縄でいきません。それならば、為替があなたの物語とは逆にすぐに進んだ場合、どういったやり方でリスクを避ければいいのでしょうか。ここで選択できる選択肢は2つしかありません。まずひとつめは潔く損を確定する事です。もうひとつの手段としては今現在、所持している買いポジションを縮小することによって改めて市場がリカバリするのをじっと待つことだ。かなり後ろ向きな手法だと言う人もいるkもしれません。けれども、自分の買いポジションに損が生まれた場合一番有効な方法はこの2つ以外には考えられない。無論、ロジックのうえではナンピンする方法も効果的です。けれどもナンピン買いは自分かマイナスになっているにもかかわらず、買いポジションを縮小するどころかポジションを積み増していく考え方です。この方法では、危険性を削減することなど、どうやってもできない察するべきです。ナンピンをしていけば最終的には儲けが出るかもしれません。けれども、そうなる前に投資資金はショートしてしまうだろう。

Copyright © 2002 www.bozamaljkovic.com All Rights Reserved.