クルマを持っている方でしたら知っているはずですが、自動車税という税金が徴収されます。それでこの税金は、中古車の買取の際に一般に還付されるものなのです。こういった内容は実際、自分でやると直ぐに頭に入ってきますがこれから最初から順を追って簡易的に説明したいと思います事前に説明をさせて頂けば、国内で生産されたクルマのみに限らずドイツ車も還付される対象に決まってます。もちろん愛車などもそうです。自動車税は自動車の所有者が支払うお金ですがクルマの排気量によって決められています。1リッターより小さいのであれば29500円、1リッターから1.5リッター以下までだと34500円になります。これ以上は500ccずつ5000円増えていきます。そして自動車税は4月1日時点で車を保有している人がその年度の金額を支払う事になっています。つまりは事前納付ということですから、自動車を引き取ってもらって所有者でなくなった際などは先に払った分の税金は戻ってくるというわけです。この税というのは前払いで以後一年分の全額を納めますのでその翌年3月までの間にクルマを手放した場合は入れ替わった保有者が自動車税を負担するのです。買取先が買取専門店なら、売却した際に所有者が払いすぎた税金を返してくれます。まとめると、所有権が移転された際より後の税金は権利が移った保有者が支払い義務を負います。もしも自分が10月中に自動車を引き取ってもらった場合は、11月以降翌年3月いっぱいまでの払ったお金は還ってくるのです。というのも、前述の通り自動車税の場合は先払いであるという事実から来ています。要は、前所有者は買取先に税を返してもらうということなのです。個人的に車を手放すときに、何気にこうした事実に気づかない方がいますため、きちんと確かめるようにしましょう。自動車税という税金は自動車を売却すると戻ってくるということをあまり知らない人が多い事をいいことにその状況を悪用している悪質業者もあります。自分から自動車税の返金についての話題を出さなければ完全にそのことに説明しないという場面も聞かれます。なので車の買い取りを依頼するさいには払いすぎたお金が返金されるのかどうかの確認を忘れないようにしましょう。

Copyright © 2002 www.bozamaljkovic.com All Rights Reserved.